顔にできたシミを消す方法とは

MENU

顔にできたシミを消す方法とは

歳を取ったり、紫外線対策を怠っていると顔のシミはどんどん目立つようになります。

 

家でできるシミ解消のスキンケアがありますので、医療機関を受診する前に、
まずは自分で取り組んでみるといいでしょう。

 

顔にできたシミの解消には、病院に行って治療してもらうことも可能ですが、
家庭でのスキンケアでもある程度のシミ対策ができます。

 

ハイドロキノンは、シミをつくるメラニン色素の活動を抑える効果があるもので、
シミ対策によいと言われ、スキンケア用品に使われています。

 

シミが濃くなりすぎると家庭でのケアでは手が回りませんが、
ちょっとしたシミなら家庭用のスキンケア用品で対応できます。

 

シミ対策にはビタミンCが効果が高いといいますが、
ビタミンC以上の美白成分として、ハイドロキノンは注目が集まっています。

 

肌が弱い人が、ハイドロキノンが配合されたスキンケア商品を使用すると赤みなどが出る恐れがあるようです。
敏感肌の人は濃度5%以上のハイドロキノン商品を使わないことや、事前にパッチテストをして肌の反応を確認することが重要になります。

 

美白効果を高めるには、体の内部からも肌にいいものや、
美白にいいものを摂取することです。

 

身体内部で活性酸素の量が多くなると、そばかすやシミがなかなか消えなくることがあるようです。
体内での活性酸素の増加を抑えるには、抗酸化作用のある成分を意識して補給することです。
柑橘類や、豚肉、大豆加工品、緑茶等が、抗酸化作用が高いと言われている食べ物です。
できてしまったシミを消すのは大変ですので、
紫外線予防や、スキンケアなど、シミができる前からお肌のお手入れをすることもポイントといえます。
スキンケア